グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



コース・専攻紹介

ホーム  > コース・専攻紹介  > 材料エネルギー化学コース

材料エネルギー化学コース

将来の産業分野として大きな発展が期待される太陽電池などのエネルギー関連産業のみならず、従来の自動車を基盤とする輸送機器産業や家電製品を基盤とする電気電子機器産業など、あらゆる産業において省エネ技術をはじめとする環境調和型エネルギーデバイスの新技術を開発することは、緊急かつ急務の課題となっています。
これら新技術の開拓にあたり、本コースでは、化学の基礎に加えて、物理化学・材料科学などの基礎学問を確実に修得することにより、エネルギ一関連材料や環境調和材料あるいは新たなデバイスの創製につながる電子・光材料の開発が可能な優れた人材の育成を目指します。

研究紹介

色素増感太陽電池の開発
スプレー熱分解法による薄膜形成技術を利用して、次世代太陽電池として期待される色素増感太陽電池の開発を行っています。

奥谷研究室

フラワー状InNによる多方向散乱素子

フルカラーLEDへの応用を目指した
フラワー状ナノセラミックス
機能の宝庫であるセラミックスの薄膜は、その作り方を工夫することにより、平坦なものから不思議な形を持ったものまで作り分けることができます。

鈴木・脇谷研究室

固体酸化物形燃料電池(SOFC)
固体酸化物形燃料電池(SOFC)の電極(燃料極と空気極)に注目し、新たな材料や界面設計によって高いエネルギー変換効率の実現を目指しています。

須田研究室