グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カリキュラム

ホーム  > カリキュラム

カリキュラム

電子物質科学科は、
「エレクトロニクス」と「材料・エネルギー化学」の
両方の知識を学ぶことができる非常に特色ある学科です。

カリキュラムフロー

1年次には、教養科目、数学・物理・化学に関する理系基礎科目、英語科目を主に受講し、幅広い知識、専門に進むための基礎学力、語学力をつけていきます。
2年次最初に、「電子物理デバイスコース」と「材料エネルギー化学コース」のどちらに進むかを選択します。
2・3年次には、電子物理デバイスコースでは電子回路や画像デバイス等のエレクトロニクスに関するより専門的な科目を受講します。一方、材料エネルギー化学コースでは有機化学、無機材料、エネルギー化学など、材料化学やエネルギー化学に関する専門的な科目を受講します。特徴的な点は、各コースに分かれた後も、基礎電気回路、エネルギー電気化学など、両コースに共通の科目が多く設定されていることです。
4年次になると卒業研究が始まり、世界最先端の研究に携わることで、研究力を磨くことができます。

より詳しいカリキュラム表はこちらからダウンロードできます。


以上のように、この学科を卒業することで、「エレクトロニクスに関する専門知識に加えて材料・エネルギー化学の基礎知識がある人材」あるいは「材料・エネルギー化学の専門知識に加えてエレクトロニクスの基礎知識がある人材」として社会に貢献することができるのです。
このような人材は社会から強く求められています。各コースの専門に近いメーカーへ就職することももちろんできますが、電子と材料化学の両方の知識が活かせる会社も数多くあります。実際、私達の身の回りにある工業製品の多くがエレクトロニクスと材料が融合してできています。特に日本の基幹産業である電気機器や自動車・自動車部品産業などではそのような製品も多く、卒業後の選択肢も大きく広がります。
 
また、卒業後、大学院(修士課程2年間)に進学し、さらに高度な専門知識を修得する学生も半数程度います。