グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



研究・スタッフ紹介


研究テーマ一覧

東直人 教授

工学的キャリア教育システムの構築

工学部生として必要な技術・知識の習得と、技術者としての自覚・動機付けを目的として、教育のカリキュラム(モデルテーマ、テキスト・教材)の開発を行うとともに、地域の小中高校生を対象とした理科・ものづくり支援教育活動を学問的に展開しています。

久保野敦史 教授

有機・高分子凝集体の構造と物性

有機・高分子薄膜の高次構造と電気・光物性
真空蒸着を応用することで配向などの高次構造が制御された有機・高分子薄膜を作製し、その半導体特性や圧電特性などを評価するとともに、薄膜形成過程に関する基礎研究を行っています。
液晶界面物性
液晶が固体基板との界面付近で示す特異な粘弾性を計測しています。

昆野昭則 教授

低コスト次世代型太陽電池として期待されている色素増感太陽電池の高性能化

p型半導体を用いる色素増感太陽電池の全固体化
次世代型低コスト太陽電池として注目されている色素増感太陽電池の実用化のための重要な課題である固体化について、種々のp型半導体材料について検討しています。
低コスト型フレキシブル色素増感太陽電池のための材料開発
色素増感太陽電池の特長として、従来のシリコン太陽電池に比べてフレキシブル化が容易であることが挙げられます。色素吸着酸化亜鉛ナノ粒子を用いた低コストroll to rollプロセスへの応用を目指しています。

下村勝 教授

固体表面と原子・分子の相互作用を利用した新機能物質の開発

半導体表面における単分子素子の開発
有機分子を半導体表面に供給し、1つの分子が1つの動作をする素子例えば、単分子メモリ、単分子スイッチなどを開発しています。固体結晶表面におけるよく配列された結合の手を利用することで、表面に吸着した分子の構造を制御します。
表面界面制御による太陽電池の高効率化に関する研究
太陽電池(特に色素増感太陽電池)では、結晶と結晶間、結晶と分子間、分子と電解質間など、さまざまな界面が存在しています。本研究室では、それらの界面を原子レベルで制御して、より変換効率の高い太陽電池を作製するための研究を行っています。

鈴木久男 教授

セラミック薄膜及びナノ粒子のケミカルプロセッシング

強誘電体薄膜のストレスエンジニアリング
強誘電体薄膜の株電極に熱膨張係数の大きい材料を用いることで界面に熱応力(ストレス)を発生させ、これまでにない巨大圧電性・強誘電性を発現させる研究を行っています。
ゾルゲル法による酸化物ナノ粒子の合成と応用
ゾルゲル法により組成と形状(サイズ)を制御した酸化物ナノ粒子の合成を行っています。応用例として、スマートウィンドウに利用できるVO2ナノ粒子の合成等があります。

須田聖一 教授

エネルギー・環境材料の界面設計

固体酸化物形燃料電池(SOFC)用電極の界面構築
高い発電効率が期待できるSOFCの高体積密度化に向けた材料や最適な界面設計に向けた研究に取り組んでいます。
海水電解によるCO2固定化
増え続けているCO2を低エネルギーで効率よく固定化し,工業リサイクルの実現を目指した取り組みを進めています。

原和彦 教授

新しい光機能材料の開発とデバイス応用

半導体ナノテクノロジーに基づいた材料の設計と作製
半導体量子工学やナノフォトニクスに基づいた材料設計と、化学気相法を活用した独自の結晶成長・微細構造作製法を組み合わせて、発光、受光、放射線検出などの機能をもつ新しい材料の開発に取り組んでいます。
窒化物材料の紫外光源応用
新紫外域を含む紫外発光材料として有望なAlN-GaN系半導体や六方晶BNを採り上げ、粒子形成と発光制御により、産業・医療・環境の分野で求められている新しい高出力紫外光源の開発を進めています。

符徳勝 教授

機能性酸化物の探索

低環境負荷の新規機能性酸化物の探索
遷移金属酸化物は強誘電性、圧電性、強磁性、超伝導性、イオン電導性、触媒など多くの機能を持ち、エレクトロニクス分野で幅広く利用されています。本研究室では、環境に優しく、毒性元素を含まない化合物や新規な構造を創出することにより、従来の性能を損なわない新規機能酸化物の探索を行っています。

村上健司 教授

エネルギー変換機能材料および次世代光素子に関する研究

色素増感太陽電池の実用化に関する研究
光エネルギーを電気エネルギーに変換する次世代太陽電池として、安価で環境負荷の無い色素増感太陽電池の開発ならびに、実用化のための研究を行っています。
応力発光材料の薄膜化と無電源応力発光素子の開発に関する研究
機械エネルギーを光エネルギーに変換する応力発光材料を薄膜化するための新規な作製法ならびに、応力発光薄膜を利用した電源を必要としない光素子の開発に関する研究を行っています。

脇谷尚樹 教授

気相法による自己組織化セラミックス薄膜の作製と物性

ダイナミックオーロラPLD法によるセラミックス薄膜の作製
真空チャンバ内に電磁石を導入した【ダイナミックオーロラPLD】装置を用い、自然界には存在しない種々のセラミックス薄膜(新しい磁性体や強誘電体)を作製しています。
機能性セラミックス自立薄膜の作製
粒径が数ミクロンの高分子製の微粒子をすきま無く並べたものを型紙に用いて、2次元周期性を有するセラミックス薄膜を作製し、新しい化学的および物理的なセンサの作製を目指しています。

奥谷昌之 准教授

光機能性酸化物薄膜の形成と応用

酸化物透明導電膜の形成と色素増感太陽電池の高効率化
スプレー熱分解法による薄膜形成技術を利用し、次世代太陽電池として期待される色素増感太陽電池の開発を試みています。
電磁波による液相からの新規製膜法の開発
電磁波やプラズマと物質の相互作用を利用し、従来と異なる液相からの新規製膜法の開発を試みています。

小南裕子 准教授

新規発光デバイスの作製と発光材料物性に関する研究

紫外光源用発光材料の新規開発
レアメタル・レアアースなどの希少金属や、水銀などを用いない、環境にやさしい紫外光源用発光材料の開発を行っています。
照明及びディスプレイ用発光材料の高性能化
照明やディスプレイに用いられる発酵材料の高性能化について研究を行っています。微粒子化、薄膜化など、発光材料に新たな付加価値を与え、新たな応用などについての検討も行っています。

坂元尚紀 准教授

特異的なナノ構造をもつセラミックスの結晶成長と電子顕微鏡による評価

セラミックス薄膜中の応力状態の透過型電子顕微鏡による解析
強誘電体セラミックス薄膜が基板から受ける応力を効果的に利用することにより、これまでにない巨大圧電性を発現させることができます。この現象をナノレベルで理解するために、透過型電子顕微鏡(TEM)による解析を行っています。
III族窒化物微細単結晶の大気圧CVD法による結晶成長と応用
大気圧CVD法によりフラワー状や柱状のIII族窒化物微小単結晶を作製し、その結晶成長と微構造を活かした新規デバイスへの応用を目指しています。

田中康隆 准教授

新規リチウムイオン電池および燃料電池電解質合成

有機合成化学,電気化学に基づいた電池材料の開発
「軽くて小さな」蓄電池が求められています。蓄電池の軽さと大きさは、電池の電圧と電気容量の積で表されます。高い電圧を有する電池ほど軽量・小型となりますが、現在の電池材料では高い電圧に耐えられません。軽くて小さな蓄電池のために、高い電圧でも使える電池材料を分子設計し合成するのが本研究室の目的です。

モラル D. 准教授

Coming soon.

嵯峨根史洋 講師

全固体リチウム二次電池開発のための界面制御

全固体リチウム二次電池開発のための界面制御
リチウムイオンが移動できる個体(固体電解質)を用いることで、安全・長持ち・ハイパワーな電池が作製できます。電池反応を上手く起こすために必要な、電極と固体電解質の”原子レベルでの接触”を達成するための研究を行っています。
新規マグネシウム二次電池の開発
エネルギーの有効利用には大容量の蓄電池が必要です。マグネシウム金属の溶解・析出反応は2電子反応のため、1電子反応であるリチウム金属の2倍の電気を蓄えることが可能です。マグネシウム二次電池の実現に向けた研究を進めています。

川口昂彦 助教

機能性セラミックス(超伝導体、磁性体、熱電変換材料)の薄膜成長と基礎物性

磁場印加PLD法を用いた逆ペロブスカイト窒化物薄膜の成長
Mn3CuNなどの逆ペロブスカイト型窒化物は、負膨張性や巨大磁歪を発現し、近年注目を集めています。自己組織化超格子も作製できる磁場印加PLD法を用いてこの物質系の薄膜作製を行っています。
機能性セラミックスの局所構造と電子構造の相関
先端デバイスで重要な役割を果たしている機能性セラミックス(超伝導体、磁性体など)の薄膜では局所構造が変化しやすく、電子構造にも影響を与えていると考えられます。透過型電子顕微鏡と光電子分光を用いて、局所構造の変化と電子構造への影響の相関を研究しています。

光野徹也 准教授

半導体ナノ-マイクロ結晶の応用

半導体ナノ-マイクロ結晶の光制御効果
半導体ナノマイクロ結晶はその形状によって特定波長の光閉じ込め効果や光方向制御が実現でき、この原理の応用により高効率発光デバイスや超高感度光バイオセンサ等の実現を目指しています。
半導体ナノ-マイクロ結晶作製技術開拓
計算等によって設計したナノ-マイクロという極微小結晶形状をいかにして作製するかについての探索を行っています。作製手法としては、結晶成長やエッチングについて探索を行っています。

松原亮介 助教

有機・高分子材料の薄膜成長と構造・物性評価

有機半導体薄膜形成過程のリアルタイム解析
水晶振動子マイクロバランスや放射光X線構造解析を用いて、有機半導体薄膜形成過程における分子の吸着量や結晶構造の変化をリアルタイムに評価・解析することで、有機半導体薄膜の成長機構の解明を目指しています。
有機多結晶薄膜の構造と電気物性
原子間力顕微鏡や放射光X線回折を用いて、有機多結晶薄膜のミクロ構造を評価しています。また、キャリア移動度などの電気物性を測定し、ミクロ構造と電気物性の関係を明らかにすることを目指しています。